Main menu:

Outline|概要

ドヤのまちを知り、日本の未来と表現について考える2日間

三畳一間の簡易宿泊所が集積し、俗に「ドヤ街」と呼ばれる横浜・寿町に興味を持ったアーティストやプロデューサーの集まりである寿オルタナティブ・ネットワークが「KOTOBUKIクリエイティブアクション」をはじめとする活動をはじめて3年が経とうとしています。その節目として記録集を発行、これまでの活動を振り返ると共に、これまでまちを訪れる機会のなかった方々にも、寿町と寿町における様々な活動を知っていただくことのできる、1泊2日の体験型フォーラムを開催します。またこの機会に、テーマや課題を近しく共有するゲストを招き、それぞれの活動紹介を通した学び合いの場としながら、自分たちが日本の未来と表現のあり方について投げかけることのできるものについて考えます。

ゲスト参加者:藤浩志(美術家)、近藤ヒデノリ(湯人/TOKYO SOURCE編集長)[12日のみ]、作田知樹(文化経営研究)ほか

[日程] 2011年3月11日(金)~12日(土)※展示は13日まで
[メイン会場] かながわ労働プラザ(Lプラザ)、横浜YWCA会館
[参加費] 11日-1500円/12日-2500円/2日間連続-3000円(事前申込限定)
※記録集(A5冊子128P+電子書籍データ)および資料代込み、学生・アーティストは各500円引、交流会および宿泊費別、展示は無料
[主催] 寿オルタナティブ・ネットワーク
[助成] 財団法人文化・芸術による福武地域振興財団、横浜市先駆的芸術活動助成(ACY)
[協力] 青山|目黒、カドベヤ、寿炊き出しの会、コトラボ合同会社(Yokohama Hostel Village)、浜松荘グループ、Hostel Porto、Hostel Zen、mori yu gallery
[お問合せ先] 寿オルタナティブ・ネットワーク
E-mail:info@creativeaction.jp TEL:080-3171-9724 FAX:045-330-4520
第1回お泊りフォーラム チラシ(PDF)

■KOTOBUKIクリエイティブアクションとは
様々なかたちで文化芸術に携わるアーティストやクリエイター、プロデューサーらが、日本三大ドヤ(簡易宿泊所)街のひとつである横浜・寿町エリアを舞台として活動する試みです。住人の高齢化が進み、ドヤの空き室が目立ちはじめたまちに独創的な視点を持ち込み、時には地域住人と協働しながら多様な活動を展開することで、まちの活性化や、住人と活動家それぞれの自己実現や共生につなげることを目指しています。
中にはアート活動を多く含みますが、ひとつの展覧会やイベントとして一斉に実施されるものではなく、表現形態もビジュアルアートには限っていません。リサーチ的な活動から実際の制作、発表まで、年間を通して随時行なわれているプロジェクトのひとつひとつ、そしてその集積が「KOTOBUKIクリエイティブアクション」です。